奄美に行ってきました

ゴールデンウィーク前半に、大学時代の友人の結婚式ということで、お仕事のお休みを頂き、奄美大島に行ってきました。ちょっと身内ネタですが、なかなか面白い体験ができたので振り返りも兼ねてアップです。

海と山のある景色に囲まれて

奄美大島はご存知の方が多いかと思われますが、鹿児島県の最南端に位置する島で、それはもう自然豊かな島でした。

南の離れた島ということで、結構な田舎を想像していたのですが、実際に行ってみると街並みを含めそういった印象はあまり無く、むしろある種の『生活感』に溢れた空気が満ちていたように思います。

ちょっとした修学旅行

今回は僕を含め大学時代の友人7名と、今回結婚式を行う友人とは別に、現地に移住している友人カップルの計9名の団体行動ということで、ちょっとした修学旅行的なノリで、どでかいレンタカーも手配してもらい、快適な滞在をさせて貰いました。右の写真は奄美名物の鶏飯(けいはん)。んまかったっす。

滞在は友人宅とレンタル別荘を手配してもらっての三泊。別荘といっても海辺の一軒家で、自分達で布団持ち込みーの、ご飯作りーのと完全に林間学校な生活。ちゃっかり備え付けのバーベキューブースなんぞもあり、ステキ極まりない時間を過ごせました。

結婚式

今回のメインイベントの結婚式は屋外で海をバックに挙式でした。ユニーク(おバカw?)な新郎はホワイトホースなカウルのバイクで入場。家訓発表などやりたい放題の挙式後、披露宴へと突入。

島の挙式はちょっと雰囲気が違うと聞いていましたが、一般的な披露宴とは違い、参加者がすすんで次から次へと余興を披露。ひとつひとつのクオリティも高く、時間もたっぷり使い、歌って、踊っての披露宴が計4時間。で、その後移動して2次会へ。奄美の人達のタフさパねぇっス。

そして長い長い宴会へ

で、二次会も引き続き余興づくし。新郎新婦の到着が遅れてるのをLIVE映像に見せかけ、居酒屋で俺たち呑んでるよ的な映像が流れ、実に凝ったくだりで始まり、DJライブありーの、POPミュージックありーの、寸劇ありーのと、どれもクオリティ高いんですよほんと。

挙句には新郎の父親も寸劇出演。上の写真はぶたれる新郎とぶつ新郎父。や、オヤジさん体はりすぎですからw。ということでほぼ12時間近くの公式プログラムを経て結婚式はめでたく終了しました。

海辺での考察

そんなイベント盛りだくさんな日々でしたが、ホッと一息ついたタイミングでの一枚。これをInstagramからTLにアップして、そこからFacebook上でのコミュニケーション。

今となってはありきたりな流れですが、ああいった自然豊かな場所からでも普通にコミュニケーションが成立するというのは、ホントにもう場所を選ぶ時代じゃないんだなー、と改めて実感。今まではこうだったという概念を良い意味でとっぱらって、生き方をちゃんと模索して、チャレンジしなければと再認識出来ました。

最後に超個人的なつぶやきを

今年のGW前後は仕事が半端なく負荷が高い状況で、体力的にも精神的にもかなりダウン気味でした。宿泊の手配とかご飯の用意とか、諸々準備してくれたじゅんちゃん、たくみちゃんちゃんマジサンクスです。心癒されましたよー。ご飯もほんとんまかったです。

そしてしげ夫妻。結婚おめでとうごさいます。お幸せにー!今度は夏の奄美で皆で遊びましょー!!

Copyright © Yamashita Yasuhisde. All Rights Reserved.