「wadaiko-shien.com」をリニュールしました

8月19日(日)に京都造形芸術大学「春秋座」で和太鼓のコンサートを行います。コンサートに先がけチームサイト「wadaiko-shien.com」をリニューアルしました。宣伝も兼ねつつ、サイト構築に関して今回は紙を使わないという実験を行ってみたのでその感想を。

まずは宣伝からさせて頂きます

和太鼓のコンサートを京都芸術劇場「春秋座」(京都造形芸術大学 内)にて行います。

○日時:2012年 8月19日(日)
○開演:14:00 (開場:13:30)
○会場:京都芸術劇場「春秋座」(京都造形芸術大学 内)
○入場料 :
【前売】 一般 ¥3,000・学生 ¥1,700 小学生以下 ¥1,500
【当日】 一般 ¥3,500・学生 ¥2,000 小学生以下 ¥1,700
《全席自由》

○チケット販売
◎京都造形芸術大学 和太鼓教育センター
電話番号:075-791-9145
◎京都芸術劇場チケットセンター(平日10~17時)
電話番号:075-791-8240

○お問合せ
京都造形芸術大学 和太鼓教育センター
TEL・FAX:075-791-9145
wadaiko@kuad.kyoto-art.ac.jp

ということで皆様是非是非お越しくださいませ。ちなみにリニューアルのメインビジュアルともなっているこのフライヤーは、同メンバーでもあるJYデザインさんのデザイン。このビジュアルがかっちりはまったので、リニューアルの制作時間もかなり短縮出来ました。多謝です!

リニューアルされたサイトはwadaiko-shien.comをご参照ください。


課題

完全なプライベートワークとなる為、構築における最重要課題は「時間の確保(デスマーチに巻き込まれている為orz…)」。サイトコンセプトとしては「情報発信のインフラ」ということを念頭に、制作スタンスを『ペーパーレス&脳内コーディング』という、要は通勤電車(往復実質乗車時間2時間)がメインの制作時間だよねと、脳内会議の結果を経てドMプレイ開始ですw。

移動中に利用したツール

移動中のツールはiPad3GとFiftyThree社の「PAPER」。PAPERはマイクロソフトの幻のタブレットCourierの開発者の一部が開発に関わったアプリということで、書き具合が良い感じでその書き味からラフを書くテンポも上がりました。

ラフ中の調べ物はSafariに切り替え、ちまちまと。WPプラグイン調べながらコードも調べつつ、PAPERにメモりつつで、週末夜通しで画像処理&コーディング。そんな日々を期間的には1ヶ月ちょっと過ごし、無事構築完了です。

他に試したもの

Adobe Proto

ワイヤーフレーム制作ツールです。なかなか良い感じのツールなのですが、現バージョンではサイトサイズのピクセル寸法が固定値しかなく、任意サイズが選択出来ないことと、後から変更が出来ないという点から使用を見送りました。単純な構造だったのでワイヤーフレームの必要性が低かったという理由もありますが。バージョンアップに期待したいところです。

Diet Coda

Mac専用エディタのiPadアプリバーションです。ちょっとしたメンテにら耐えれそうですが、ソフトウェアキーボードでのがっつりコーディングはやはり厳しい感がやはり否めませんでした。デスクトップ版は文句ない使い勝手なのですが、モバイル版をどう使うかはっきり見極めて使わないと上手く使えそうにないのかな、と。

ラフやメモ書きレベルなら充分な実用性

今回は紙を使わないといことを念頭にした制作でしたが、思ったよりも支障がなかったというのが正直な感想です。ドローイングツールもだいぶ実用的なレベルにきてるのかなと。ラフの用途以外にもメモ的な用途でも十分活用出来ました。

ちょっと振り返り

何気にリニューアルは3度目ということで、今までのデザイン何ぞをうれし恥ずかしちょびっと振り返りw。

左から古い順となっておりますが、初回は大学時代に制作したもので、同級だった友人のデザインです。ばりばりのフラッシュということで、久々に見ましたがにょきにょき動いてよく出来てるなーと、改めてしみじみ。そこからHTMLへの移行をということで、突然もっさりした感じになり(苦笑)試行錯誤しながらやってまいりました。細かいことはとりあえず触れないでおきましょうw。

サイトも構築出来て

ということでサイトリニューアルも出来あと一ヶ月ちょっと。何とか身体づくりせねば…。と、そんなこんなでペーパーレスの試みの感想なんぞを述べさせて頂きましたが、それはそれとして、8月19日は皆様是非ぜひお越しくださいませー!

Copyright © Yamashita Yasuhisde. All Rights Reserved.