東北地方太平洋沖地震に寄せて

今回の大地震によって犠牲になられた方、被災者の方々に対し、謹んで心からのお悔やみ、お見舞いを申し上げます。このブログの公開にあたり只ただ、被災地の皆様の復興への一歩にお力添え出来ないかという想いを形にすべく、本エントリーをさせて頂きます。

未曾有の大災害となった今回の地震ですが、当日の夜にニュースで初めて映像を見た時はそれが現実のものであるということを認識するのに暫くの時間を要しました。地震に伴う津波。原発の問題。増加していく行方不明者の数。想像を絶する凄惨な状況はそれが日本という、海を隔てることのない大地の上で起こっている出来事であると認識するにはあまりにも非現実的な状況です。

地震後は既存メディアもそうですがtwitter上での情報量は凄まじく、また既存メディアよりもリアリティのある情報もあったことからTLを見ていると精神的に滅入っていく一方でした。とはいえ被災した現地の皆様に比べればそのストレスも微々たるものであることは間違いありませんが…。そういった状況は「自分にも何か出来ることを」という精神をかきたて物資の支援やtwitterでの情報拡散といった行動を自分にも取らせようとしましたが、個人のそういった動きは運送ルートの圧迫や情報の煩雑化にしかならないという指摘をみかけ、「まずは日常の生活をしっかりとこなし、募金に少しでも貢献し、行動をおこす際は団体行動に協力する形で」というスタンスで現在は過ごしております。

僕の中での大きな地震の経験は阪神・淡路大震災です。当時は中学生で神戸の北に位置する山間に在住しておりました。地震直後は幸いにも被害の大きな海辺ではなく山辺であったことから食器や棚の類いは壊滅的な被害を受けたものの、家族全員怪我もなく当時を乗り切ることが出来ました。当時寝ていた頭の上部の棚に置いてあったミニコンポの本体が目が覚めた時には顔の真横に落ちていた事は今でもぞっとする記憶です。

そんな震災を経験をしている僕から見ても今回の地震の壮絶な状況が自身の経験よりもリアルに大きく感じるのは、実際の被害規模が大きいこともそうだとは思いますが情報伝達手段の変化も大きな一因となっていると思います。ただ、今回の災害は被害の大きさがはっきりと見えると同時にtwitter等インターネットを通して「なんとかしなければ」という人々の想い、動きがはっきりと見えたことも事実で、それは僕の心の支えにもなっています。日本、そして世界の人々の協力のもと1日でも早い復興を願うと同時に、僕も微力ながらお力添え出来るよう努力していきたいと思います。

Copyright © Yamashita Yasuhisde. All Rights Reserved.